Month: 2月 2017

手っ取り早い目覚め、重量のあるボストンバッグを持ち、いよいよ……

 翌朝の六時半、欄干に留まっていた最初羽のヒヨドリのけたたましい金切声でわたしはまぶたを覚ました。何時にも増して浅い就寝で、明方のコンビニエンスストアパートに精を出していた内よりも速い目覚めだった。
「忘れ物はない?」
 妻のリスクをよそに、わたしは最後の朝飯で胃腸八分け前になった丁度良い外観の胃腸を携え、玄関先の靴箱から今年初めに買った新型釣合のスニーカーを取り出した。
「行ってくる」
 久々の大カバンだった。M・Tの警告街角、出し惜しみせずキャリーカートぐらい買っておくべきだったと後悔した。わたしは7〜8kgの荷重はゆうにいらっしゃるボストンバッグを持ち上げた。これほどまでに肩にズシリと現れる知覚は久しい。
「足りないものがあったらその都度、テレフォンよこしなさい。宅急便で届けて引き上げるから」
 わたしは妻の心遣いに左を高らかに挙げて背中で応ずる。父さんとはきのうバイタリティーづけられたきり、少々顔を合わせることもないだろう。何にせよ、当分はMの家族の手解き進め方に従うことになる。わたしはうまれつき、父さん以上に酷い付属を今知らなかったので、どうなるかわからない怖みがあった。

地球温暖化は思ったよりも加速しているらしい

もう何十年も言われている地球温暖化ですが、かなり現在でも加速しているようです。日本に住んでいても、やはり以前とは違っているなあと実感したりします。具体的には夏の気温の高さです。以前よりもグッと温度が上がっていると多くの方が思っているはずです。それだけではなくて、海水温度が上がってきていることにより台風が変な動きをしたりゲリラ豪雨が頻発したりということも地球温暖化が関係しているようです。これはもう世界的な問題なのですが、相変わらず多くの二酸化炭素を排出しているというのが現状です。
北極の氷も急激になくなってきており、もう自然に任せていては無理なのかなあと思ったりします。なので人類の技術で何とかならないかなあと考えたりしていて、人工的に雪を降らせたりして氷を増やすなどはできそうな気がするのです。また元に戻す技術を開発する、というのは無理なのでしょうか。これほどテクノロジーが発達しているのだから、きっと出来ると思うのです。