Month: 10月 2016

女の子!夫人のお日様って催事は一体何を食べるお日様?

5月に入ってからそわそわしていた赤ん坊は毎日のように『婦人、何かほしい存在ある?』と聞いて現れる。
明らかにママのお天道様を意識しているんだろうなと願い、遠慮して『何も取り除けるよ』と返事をする身。
『あっそれほど。じゃあ何もあげない』と言い返す、敵対期に片足を突っ込んです赤ん坊の返信。

ママの日当お天道様。
何事もなく普段通りに過ぎて夕飯場面。
赤ん坊が『婦人、たえず有難う』と、手紙と手作りのストラップをヘルプしてくれました。
ママになって嬉しい時機。
もらったことが有難いだけではなくて、日々小児の調教を実感見込めることがトップ嬉しい。

横でその格好を見ていた三年齢のこどもがワンポイント。
『婦人!ママのお天道様って何のお餅取るの?』

数日前に、キッズのお天道様で柏餅を食べたことが事例に真新しいからか会合には何かのお餅を食べると勘違いしたらしき。

『ママのお天道様っていうのは、妻に有難うって始めるお天道様だよ』と告げると、『雛催しには菱餅食べたし、キッズのお天道様には柏餅食べたし、年明けにもお餅を食べたし。今日もお餅食べたい食べたい!』とこどもの返信。

ああ、会合やバースデーにお餅だったりデザートだったり何かしらご飯が絡ん現れるからそんなに思ったのかな。

こんな赤ん坊とこどもの調教に満足をたんまり感じたママのお天道様でした。

まさしく死闘、手段に汗握ったイタリアとのゼロ戦

EURO2016準々決勝、ドイツ先頭対イタリア先頭は一気に強豪国家同士の最初戦、レース前からビッグイベント屈指の好カードと呼ばれていました。
レースは始まり早々にドイツの中心選手の自らあるケディラがけが、滑り出しからドイツ先頭は戦術ルートの改定を余儀なくされてしまう。
初期戦は外圧達に好歌手をドイツの外圧を強固な守備のイタリアががらっと跳ね返し互い無得点の通り下部を迎えます。
下部始まり早々にドイツのゴメスがけが代謝するという事故がありましたが、63取り分にエジルの到来で先行、しかし78取り分にドイツのDF、ボアテングのハンドで得たPKをイタリアのボヌッチが確実に決め同点、その後は互いクライマックスを欠いた通り延長でも決着がつかずにPK戦へと進出しました。
PK戦でも互い譲らず、最終的には9周りのキッカーでようやく決着がつくという史上稀に見る熱戦はドイツに軍配がのぼりました。
とはいえ、突破の代償はあまりにも大きくなりますケディラ、ゴメスと言った二人の中心を傷で欠くこととなってしまいました。