資産運用を行うときには、1つの投資対象に集中して資金を投入するのではなくて、バランス良く配分することが重要です。特にリスクを抑えるためには、債券の比率を高めたり国内資産のウエイトを手厚くする必要があります。国内の債券と株式だけで運用することによって、為替変動のリスクを避けることができます。しかし保有している金融資産を更に増やしたい場合には、グローバルな視点でポートフォリオを構築するのが理想的です。証券会社や銀行で購入可能な様々なインデックスファンドを組み合わせると、一人一人のニーズに合った資産配分で効率よく投資をすることができます。また債券や株式に加えてREITも組み込んだバランス型の投資信託であれば、1つの商品でも安定した資産運用が行えます。一方でコストと流動性を重視したいと考えている個人投資家は、ETFを積極的に購入しています。ETFは株式同様に値動きを見ながら購入できるので、誰でも高値掴みを回避できるメリットがあります。ロスミン リペアクリーム Amazon